安心のカードローン

パート主婦と専業主婦は異なる

主婦の方がカードローンを利用する際には、パートによる安定した収入を自身で得ているのか、または配偶者の安定した収入のみとなる専業主婦であるのかによってカードローンの選び方も大きく変わります。

 

現在の貸金業法では自身の年収の3分の1までしか借りられないため、無収入となる専業主婦の方では貸金業者、つまり消費者金融からのカードローンの利用は行えません。パート主婦であれば自身の年収に応じた金額まで借りられる可能性はありますが、専業主婦は基本的に消費者金融は利用ができません。

 

一部の消費者金融では総量規制の例外となる配偶者貸付の制度による借り入れも可能としていますが、借りるためには配偶者への確認や同意が必ず必要となってしまうため、内緒でお金を借りることはできません。また、大手の消費者金融では自身で収入を持たない専業主婦の方は利用対象外としているため、借り入れは利用できません。

 

では、専業主婦の方が内緒でお金を借りるためにはどうしたら良いのかと言えば、配偶者の安定した収入で内緒で借りられる銀行の専業主婦も利用可能なカードローンキャッシングに申し込みを行うことです。専業主婦に対応をしているカードローンなら配偶者に知られること無くお金が借りられるので、困ったときに助かります。

 

銀行であれば金利の負担も軽くなっているため、返済の負担を気にする方であっても安心して借りられるのも良い点です。